日本海西部の低気圧や前線の影響で、6月30日夜から7月1日朝にかけては東海地方や長野県を中心に激しい雨が降った。気象庁は東海や関東甲信では2日昼前まで大雨に警戒し、突風や落雷に注意するよう呼び掛けた。
 愛知県豊根村では1日午前6時50分までの24時間雨量が333.5ミリに上り、この地点の7月の観測史上最多記録となった。千葉市では同4時10分すぎに最大瞬間風速23.9メートルを観測した。
 2日午前6時までの24時間雨量は多い所で、東海200ミリ、伊豆諸島150ミリ、関東甲信120ミリ、東北70ミリと予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)