熊本県など九州南部の豪雨を受け、政府は5日、非常災害対策本部を設置し、首相官邸で初会合を開いた。安倍晋三首相は「被災者へのきめ細やかな支援は急務だ」と述べ、即応予備自衛官の招集を表明。各省横断の「被災者生活・なりわい再建支援チーム」の設置も明らかにした。この後の持ち回り閣議で予備自衛官招集を決定した。
 現地では5日、警察、消防、海上保安庁、自衛隊が4万人超の態勢で救命・救助活動を続行。100人超の政府職員が被災者支援などに当たった。
 首相は関係閣僚に対し「何よりも人命が第一だ。浸水で孤立した住宅などからの救助、安否不明者の捜索に夜を徹して全力で当たってほしい」と指示。電気、水道の復旧や避難所への支援物資供給、被災者の当面の住宅確保も急ぐよう求めた。 
〔写真説明〕豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(右)。左は武田良太防災担当相=5日午後、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)