熊本県南部などを襲った記録的な大雨では6日、同県八代市などで新たに6人の死亡が確認され、同県内の死者は計25人となった。県によるとこのほか、16人が心肺停止、11人が行方不明となっている。熊本県内は同日も強い雨に見舞われ、土砂崩れや河川の氾濫など二次災害の恐れが強まっている。
 鹿児島、宮崎両県でも同日午前に猛烈な雨が降り、鹿児島県などによると、南さつま市で1人の行方が分からなくなったほか、大崎町で「車両が濁流にのまれた」との情報がある。宮崎県でも床下浸水などの被害が確認された。
 甚大な被害が出た熊本県南部の被災地では、二次災害防止に配慮しつつ、自衛隊などが捜索・救助活動を続けた。多数の集落で孤立状態が続くが、雨のためヘリコプターが飛行できず、一部活動を見合わせている所もあるという。
 県や八代市によると、これまでに確認された死者は八代市の3人のほか、人吉市で11人、芦北町で9人、津奈木町と球磨村で各1人。県の6日午前6時現在のまとめでは、19市町村計159カ所の避難所に、385世帯1912人が避難した。
 大雨の影響で、九州道は6日午前から八代ジャンクション(八代市)―栗野インターチェンジ(鹿児島県湧水町)間などで通行止めとなった。九州新幹線も熊本―鹿児島中央間で運転を見合わせた。
 熊本県では4日未明に大雨特別警報が発表され、記録的な大雨で大きな被害が出た。被災地はその後5日昼ごろから再び雨が降りだし、天草芦北地方や球磨地方には同日夜、改めて大雨警報が発表された。人吉市では6日朝、1時間に33.5ミリの雨が降り、土砂災害警戒情報が出された。
 雨は7日にかけて激しく降る恐れがある。これまでの大雨で地盤が緩んだ所や河川が氾濫した地域では、再び土砂災害や浸水被害が起きる可能性があり、気象庁は厳重に警戒するよう呼び掛けた。 
〔写真説明〕猛烈な雨が降る熊本県芦北町の県道=6日午前
〔写真説明〕大雨で崩落した国道。右側は球磨川=6日午前、熊本県芦北町と球磨村の境
〔写真説明〕大雨により濁流となった佐敷川=6日午前、熊本県芦北町

(ニュース提供元:時事通信社)