気象庁は7日、対馬海峡から東北地方に延びる梅雨前線が9日にかけて南下し、停滞するため、西・東日本などでは局地的に激しい雨が降ると発表した。大雨特別警報が6日夕から7日昼前にかけて出た福岡、長崎、佐賀各県は警報に切り替えられたが、これまでの記録的な大雨で地盤が緩み、河川の増水が続く所があり、同庁は土砂災害や浸水に厳重な警戒を呼び掛けている。
 7日未明は熊本県南小国町や大分県日田市で1時間雨量が80ミリ超の猛烈な雨が降り、河川が氾濫した所があった。梅雨前線の南下に伴い、9日にかけては九州南部や四国、東海を中心に雨量が増える見込み。
 断続的な大雨により土砂災害警戒情報が出ている地域では、自治体の避難指示や避難勧告に従い、早めの安全確保が必要。竜巻などの突風や落雷が発生する恐れもある。 

(ニュース提供元:時事通信社)