愛媛県西条市は8日、梅雨前線による大雨の影響で同市の男性(79)が死亡したことを明らかにした。自宅近くの水路に落ち、流されたとみられる。
 西条市や県警西条西署によると、男性は7日午後5時50分ごろ、自宅から約70メートル離れた同市周布の水路で見つかった。死因は溺死で、自宅裏にある水路から流されたとみられる。当時、市内には大雨警報が出され、水路の水量が増加していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)