気象庁は8日夕、西・東日本では10日にかけて再び大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けた。梅雨前線は日本海側から太平洋側に南下し、降水域がいったん海上に抜けたが、10日にかけてまた北上する見込み。大雨は10日以降も続く可能性があるという。
 8日未明は熊本、大分両県で1時間雨量が110~120ミリ以上との記録的短時間大雨情報が相次いで発表され、大分県由布市で大分川、同県日田市で筑後川が一時氾濫した。その後、降水域は東海地方付近に移動。既に記録的な雨量になっていた岐阜県の一部に午前6時半、長野県の一部に同6時43分、大雨特別警報がそれぞれ発表され、同11時40分にいずれも警報に切り替えられた。岐阜県下呂市では朝、飛騨川が一時氾濫した。
 梅雨前線による大雨は長期化し、特別警報が一時出された県は4日の熊本、鹿児島、6日から7日の福岡、佐賀、長崎と合わせ、計7県となった。鹿児島県鹿屋市では2日午後7時の降り始めから8日午後3時までの総雨量が1060ミリとなり、平年の7月雨量の3倍に達した。
 9日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、九州と四国、近畿200ミリ、東海180ミリ、関東甲信100ミリ、北陸と東北60ミリ。
 10日午後6時までの48時間予想雨量は多い所で、九州と四国300~400ミリ、近畿と東海200~300ミリ、関東甲信150~250ミリ、北陸100~150ミリ、東北50~100ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)