西・東日本の太平洋側に停滞する梅雨前線の影響で、9日午前は東海や近畿、四国などで雨が降った。前線は10日にかけ、日本海側へ北上する見込み。九州や四国を中心に雨量が増え、再び大雨になる所があるとみられ、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に警戒するよう呼び掛けた。
 前線上では10日朝に東シナ海で低気圧が発生し、11日にかけて日本海へ進むとみられる。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、局地的な激しい雨や突風、落雷が予想される。大雨は少なくとも12日ごろまで続く恐れがある。
 浜松市天竜区では9日午前4時50分すぎまでの1時間に66.0ミリの非常に激しい雨が降った。静岡県のほか、熊本、鹿児島、奈良、岐阜、長野、富山、石川各県の一部に土砂災害警戒情報が出された。
 10日正午までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部250ミリ、九州南部と四国200ミリ、近畿と関東甲信150ミリ、東海120ミリ、中国と北陸100ミリ、東北60ミリ。
 11日正午までの48時間予想雨量は多い所で、九州北部と四国300~400ミリ、九州南部250~350ミリ、近畿と東海、北陸200~300ミリ、中国と関東甲信150~250ミリ、東北100~150ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)