西村康稔経済財政担当相は12日の記者会見で、経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に防災・減災対策の強化を重要施策として盛り込む方針を示した。九州を中心に豪雨災害が頻発していることを踏まえ、「国民の命と財産を守るため、国土強靱(きょうじん)化と防災、減災を大きな柱として位置付ける。章立てを含めて修正作業を行っている」と述べた。
 8日の経済財政諮問会議に示された「骨太の方針」原案では、新型コロナウイルス感染対策やデジタル化の加速を柱に掲げた。これに対し、自民、公明両党から防災・減災対策に関する記述が不十分だとの注文が相次いでいた。 

(ニュース提供元:時事通信社)