12日午後7時5分ごろ、長野県飯田市座光寺で「土砂崩れが発生し、男性が巻き込まれた」と119番があった。消防などが約4時間後に心肺停止状態の男性(73)を救出したが、その後死亡が確認された。
 県や消防によると、小洞沢川沿いの斜面が幅15メートル、高さ10メートルほど崩落した。大雨の影響で地盤が緩んでいた可能性がある。
 飯田市によると、現場は数日前から地割れと水が噴き出す状態が続き、土地を所有する男性が修復作業に当たっていたとみられる。 

(ニュース提供元:時事通信社)