【ワシントン時事】新型コロナウイルスの感染が拡大する米南部フロリダ州で12日、新規感染者が前日から5000人近く多い約1万5300人となり、全50州の1日当たりの感染者としては過去最多を記録した。ロイター通信などが報じた。全米の感染者は4日連続で6万人を超えた。
 4月に深刻な状況に陥ったニューヨーク州は最大で1日約1万3000人だった。フロリダ州の増加は検査数が増えたことも影響しているが、重症化する患者も目立ち始め、州内の40カ所以上の病院の集中治療室(ICU)は感染者でいっぱいになった。
 11日には、州内のディズニーワールドの二つのテーマパークが4カ月ぶりに営業を再開。一方、主要都市マイアミがあるマイアミデード郡では、感染拡大を防ぐため夜間外出や飲食店の屋内営業を禁じる措置が講じられ、経済活動再開のエンジンとブレーキが入り交じっている。8月下旬にはトランプ大統領が大統領選の候補指名を受ける共和党全国大会もフロリダ州内で予定されている。
 全米ではほかにも、南部アリゾナやテキサス、西部カリフォルニア州などで新型コロナ検査の陽性率や入院者数が増加。感染が拡大傾向にある州は40州に上り、全体の8割を占める。厚生省のジロワー次官補は12日のABCテレビで「当初は夏に感染拡大が収まることを願っていたが、秋にかけてさらに悪くなるかもしれない」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)