JR西日本は13日、高槻駅(大阪府高槻市)に勤務する30代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。前日発表した別の30代男性社員の濃厚接触者で、同駅駅員の陽性確認は2日連続で2人目。
 いずれも業務中はマスクをしており、これまでに乗客と濃厚接触したとの情報はないという。濃厚接触したとみられる同駅の他の社員は自宅待機中。同駅は消毒を済ませ通常通り業務を継続している。 

(ニュース提供元:時事通信社)