梅雨前線や前線上の低気圧の影響で、14日未明から朝にかけては九州北部や中国地方で局地的に大雨となった。気象庁は西・東日本では土砂災害や河川の氾濫、浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。
 国土交通省は14日午前9時半、島根県江津市で江の川下流が氾濫したと発表した。同市は流域に避難指示を発令した。気象庁の観測では、江津市の12日午後7時の降り始めから14日午前6時までの総雨量は141.5ミリに上った。
 熊本と広島、兵庫、静岡各県の一部には土砂災害警戒情報が出された。広島県東広島市では土砂崩れが発生。民家の1階に土砂が流れ込み、住民2人と連絡が取れなくなった。
 梅雨前線が西・東日本に延び、前線上の低気圧が東北東へ進んだ。西日本の大雨の中心は14日午前には近畿に移った。東日本は同日昼すぎから夕方にかけ、非常に激しい雨が降る恐れがある。突風や落雷にも注意が必要。15日は東日本を中心に局地的に激しい雨が降る見込み。
 福岡県添田町では14日午前2時15分ごろまでの1時間に59.5ミリの非常に激しい雨が降った。広島県三次市では同4時40分までの12時間雨量が164.5ミリに上った。
 15日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国と東海200ミリ、近畿150ミリ、関東甲信120ミリ、九州と北陸100ミリ、東北80ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)