気象庁は14日、関東甲信と東北地方では15日明け方にかけ、梅雨前線や日本海の低気圧の影響で大雨になる所があると発表した。北陸も15日にかけて断続的に雨が降る見込み。同庁は土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒し、突風や落雷に注意するよう呼び掛けた。
 15日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、伊豆諸島100ミリ、東北と北陸80ミリ、関東甲信60ミリ。
 九州北部や中国地方では14日未明から朝にかけて大雨となり、島根県江津市で江の川下流が氾濫した。広島県東広島市では土砂崩れが発生。民家の1階に土砂が流れ込み、住人の80代女性と50代男性が死亡した。 
〔写真説明〕大雨の影響で増水した江の川=14日午後、島根県川本町(国土交通省浜田河川国道事務所提供)

(ニュース提供元:時事通信社)