大阪府の吉村洋文知事は14日、安倍晋三首相と首相官邸で会い、新型コロナウイルス対策に関する要望書を提出した。過去にクラスター(感染者集団)が発生した店舗に感染予防への協力義務を課す法改正を提案。従わない場合は知事による営業停止命令などを認めるよう訴えた。首相は「問題意識は共有している」と応じた。両氏は早期の憲法改正が望ましいとの立場でも一致した。
 会談には菅義偉官房長官も同席した。吉村氏はコロナ対策の現状に関し「感染の震源地はある程度見えているが、知事として取り得る手段が非常に少ない」と現行法制の不備を指摘。吉村氏によると、首相は「やはり実効性のある措置は必要ではないか」と一定の理解を示した。 
〔写真説明〕大阪府の吉村洋文知事(左)から新型コロナウイルス感染症対策などに関する要望書を受け取る安倍晋三首相=14日午後、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)