気象庁は15日、北陸では16日朝まで大雨に警戒し、突風や落雷に注意するよう呼び掛けた。日本海の低気圧や上空の寒気の影響で、断続的な強い雨が予想される。新潟県では15日夜から16日明け方にかけて激しい雨が降り、その後も雨が続く見込み。
 16日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、新潟県100ミリ、富山県80ミリ、石川、福井両県60ミリ。
 一方、14日に大雨となった中国地方では、15日も山陰や山陽北部を中心に雨が降るとみられ、土砂災害に注意が必要。島根県の江の川下流が氾濫した地域では厳重に警戒する必要がある。
 梅雨前線は東・西日本の南海上に離れるが、16日夜には沿岸付近に北上すると予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)