北陸と東北地方南部では15日、能登半島付近にある低気圧の影響で雨が降った。低気圧は東北東へゆっくり進み、上空に寒気が入る見込み。気象庁は16日明け方にかけて大雨になる所があるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。
 16日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、新潟県80ミリ、富山、石川両県と東北の日本海側60ミリ、東北の太平洋側50ミリ、福井県30ミリ。
 一方、梅雨前線は西・東日本の南海上に離れたが、18日から19日にかけて太平洋側沿岸付近に北上する見込み。前線の活動の程度によっては大雨になる恐れがあるという。 

(ニュース提供元:時事通信社)