関西電力の森本孝社長はインタビューに応じ、「顧客や地域の皆さまに信頼いただける会社になれるよう努力を継続する」と述べ、金品受領問題で露呈した企業統治不全の克服と倫理観の高い組織風土改革に不退転の決意を示した。早期再稼働を目指す福井県の原発は「(安全対策の)工程ありきではなく、信頼回復のための説明が一番大事」と強調。地元自治体や地域住民の理解を粘り強く求めていく姿勢を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)