関東や東海地方では17日、南海上に延びる梅雨前線の影響で雨が降った。前線が沿岸に北上するとともに、前線上の低気圧が四国沖から東へ進むため、気象庁は18日にかけて激しい雨に警戒し、突風や落雷に注意するよう呼び掛けた。
 東海では大気の不安定な状態が19日まで続く見込み。
 18日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、伊豆諸島150ミリ、静岡県120ミリ、関東南部100ミリ、甲信80ミリ、関東北部60ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)