阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂と復興への希望を込めた光の祭典「神戸ルミナリエ」について、神戸市や兵庫県などでつくる組織委員会は17日、今年の開催中止を決定したと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した。1995年12月から毎年実施してきたが、初の中止となる。
 25回目となった昨年は約350万人が来場。会場周辺や交通機関の混雑で、密集、密接状態が発生し、規模を縮小しても感染防止対策の実施が困難と判断した。展示作品の制作をイタリアに発注する時期の問題もあり、同日の会議で決めた。今後、代替事業の開催を検討する。 

(ニュース提供元:時事通信社)