日銀は20日、6月15、16日に開催した金融政策決定会合の議事要旨を公表した。多くの委員は、新型コロナウイルス感染症について「第2波が発生した場合に経済活動が再び大きく抑制される可能性がある」と強い懸念を表明した。また、何人かの委員は「感染症再拡大への懸念から企業や家計が防衛的な行動を続ければ、需要が長期低迷する可能性もある」と指摘した。
 さらに、複数の委員は「企業倒産が増加すれば雇用などの調整を通じて再びデフレに陥るリスクもある」と警戒感を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)