(写真:イメージ)

リスク対策.comをご覧の皆さん、こんにちは! 元刑事の榎本澄雄です。

『元刑事も夢中になる防災訓練のゲーミフィケーション』へ、ようこそ。この連載では「モチベーションが上がりづらく、成果が見えづらい」防災訓練を「夢中になって参加し、行動が変化する」防災訓練へゲーム化するプロセスを解説します。

前回は、ゲームシナリオについてお話ししました。

【前回の振り返り】
□ ゲームシナリオとは、防災訓練に夢中になる「冒険の地図」
□ ゲームシナリオのメリットは、参加者に「影響力の行使」ができること
□ 簡単なゲームシナリオの創り方は、「最大の試練」を一つだけ、用意すること

※詳しくは、「第4回 ゲームシナリオを創りましょう!」をご覧ください。
https://www.risktaisaku.com/articles/-/33062

いよいよ、最終回です。

【最初の問い】
有事即応人材が育成できる「卒業式」六つのステップとは?

「有事即応人材って、どんな人?」
「卒業式って、厳粛な式典が必要なの?」
「訓練の準備だけでも大変なんだけど、六つもやらなきゃいけないの?」

ご意見、ありがとうございます! この卒業式が「最後の仕上げ」となりますので、どうぞ忘れずにお読みください。

有事即応人材とは、「有事に頼りになる人材」です。皆さんの会社では、防災訓練を通じて、企業リスクやクライシス、災害発生など「有事に頼りになる人材」が育っているでしょうか? この記事を読むと、あなたは有事即応人材が育成できる「最後の儀式」を知ることができます。

宝を持って帰還

最終回ですから、ゴールをイメージしてみましょう。あなたが無事に防災訓練を終えたと想像してみてください。

……あなたは無事、防災訓練を実施できました……
……会場には、堂々とした行進曲が流れています……
……参加者の皆さんは、誇らしげな表情で会場に集っています……
……あなた自身も準備から修了まで、たくさんご苦労されてきました……
……参加者は、一人ずつ今後の抱負を語り、声援や拍手でお互いを讃え合っています……
……あなたは訓練担当者として、参加者に一人ずつ労いの言葉を掛け、修了証を手渡しています……

振り返りの効果

人が何かを体験・学習する過程では、最初と最後が印象に残り、真ん中は忘れやすいといわれています。これを、「初頭効果」「親近効果」と呼ぶそうです。
そこで、今までの連載を振り返って、私たちが防災訓練をゲーム化してきたプロセスを思い出してみましょう。