第1回 アイスブレイクから始めましょう!

防災訓練で必要と思うものは何ですか?

□ アイスブレイクは、氷のように強張った心や身体の「殻」を砕いて、緊張をほぐすイントロ
□ アイスブレイクのメリットは、参加者の嫌悪感を和らげて「自発的な参加」を促すこと
□ 簡単なアイスブレイクは、ネームキャッチボール(名前を呼んで、柔らかいボールを回す)、Good & New(24時間以内に起こった「良かったこと」や「新しかったこと」を一人ずつ話して、拍手)、ペリフェラル(音楽、空調、香り、映像などリラックスできる環境を事前に作る)など

アイスブレイクは、「やりたくないのに、やらされている感覚」「聞きたくない」「参加したくない」「行動したくない」という嫌悪感を和らげて、参加者の「自発的な参加」を促すことが可能です。とても簡単ですので、今すぐ、訓練のスタートに導入してみてください。

※詳しくは、「第1回 アイスブレイクから始めましょう!」をご覧ください。
https://www.risktaisaku.com/articles/-/24674

第2回 訓練前にヒアリングしましょう!

あなたの「協力者」は誰ですか?

□ ヒアリングとは、相手の「困りごと」を聞き出して、感情を理解すること
□ ヒアリングのメリットは、防災訓練や災害時の「協力者」を探し出せること
□ 簡単なヒアリングは、3人ぐらいにどんな防災訓練が望ましいか「生の声」を聞き出すこと

訓練前のヒアリングは、防災訓練や災害時の「協力者」を探し出すのに有効です。非常時の「協力者」は、日常の仕事でもきっと心強い「パートナー」になってくれます。今すぐ、話しかけてみましょう。

※詳しくは、「第2回 訓練前にヒアリングしましょう!」をご覧ください。
https://www.risktaisaku.com/articles/-/26782

第3回 グラウンドルールを作りましょう!

信頼の土台、ありますか?

□ グラウンドルールとは、参加者の生理的安全と心理的安全を確保する「信頼の土台」
□ グラウンドルールのメリットは、全員参加の場所を作り出せること
□ 簡単にグラウンドルールを作るには、「どんなグラウンドルールがあれば、私たちが安心して訓練できるか?」を3分くらい話し合ってもらう

防災訓練のグラウンドルールは、参加者の生理的安全と心理的安全を確保する「信頼の土台」です。全員参加の場所を作り出すのにとても有効なので、今すぐ、紙とペンを用意して、あなたのアイデアを書き出してみましょう。

※詳しくは、「第3回 グラウンドルールを作りましょう!」をご覧ください。
https://www.risktaisaku.com/articles/-/30275

第4回 ゲームシナリオを創りましょう!

日常をひっくり返す方法は?

□ ゲームシナリオとは、防災訓練に夢中になる「冒険の地図」
□ ゲームシナリオのメリットは、参加者に「影響力の行使」ができること
□ 簡単なゲームシナリオの創り方は、「最大の試練」を一つだけ、用意すること

ゲームシナリオは、参加者が日常の世界から旅立ち、異世界の試練を乗り越え、再び日常の世界へ帰還する「冒険の地図」です。「行動の変化」を促すのにとても有効ですので、今すぐ紙とペンを用意して、「最大の試練」を書き出してみましょう。

※詳しくは、「第4回 ゲームシナリオを創りましょう!」をご覧ください。
https://www.risktaisaku.com/articles/-/33062