日本航空は22日、東京都などで新型コロナウイルスの感染者が増加し、旅客需要が鈍化している状況を踏まえ、8月1~6日の国内線を追加減便すると発表した。羽田空港発着便を中心に376便の運航を取りやめる。同期間の減便率は12%から19%に拡大する。 

(ニュース提供元:時事通信社)