【ソウル時事】朝鮮中央通信は26日、北朝鮮で新型コロナウイルスへの感染が疑われる事例が発生したと報じた。朝鮮労働党中央委員会政治局は25日、非常拡大会議を緊急招集し、出席した金正恩党委員長が24日午後に南西部・開城市を完全封鎖したと発表した。
 北朝鮮はこれまで、新型コロナの感染者は確認されていないと公表していた。会議では「国家非常防疫システムを最大非常体制に移行する」ことが決定された。 

(ニュース提供元:時事通信社)