新型コロナウイルス対策を柱とする東京都の2020年度補正予算が27日の都議会本会議で可決、成立した。今年度第6次の補正で、今回の総額は3132億円。市区町村が「夜の街」関連の飲食店などに休業要請する場合、都が協力金として1店舗50万円を補助する費用を盛り込んだ。
 都内では接待を伴う飲食店で感染が相次いだため、市区町村が独自の判断で休業要請やPCR検査をした場合の補助金など50億円を計上した。補正予算は他に▽医療従事者らへの慰労金833億円▽国の家賃支援に対する都独自の上乗せ分440億円―など。 

(ニュース提供元:時事通信社)