東北地方南部では28日午後、梅雨前線や低気圧の影響で大雨となった。気象庁は東北や東日本では同日深夜まで、九州北部では29日昼前にかけ、激しい雨が降る所があるとして、土砂災害や河川の増水、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。
 梅雨前線は日本海から東北地方に延び、前線上の低気圧が東北南部付近に進んだ。29日朝には前線が山陰沖から関東南岸に南下する見込み。突風や落雷にも注意が必要。
 山形県鶴岡市では28日午後4時10分までの24時間雨量が226.5ミリに上り、この地点の7月の観測史上最多記録を更新した。山形県のほか、福島、新潟、長野、岐阜各県の一部に土砂災害警戒情報が出された。
 29日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部120ミリ、東北と北陸100ミリ、関東甲信と東海80ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)