山形県内を流れる最上川中流で起きた氾濫について、国土地理院は29日、浸水推定図を公開した。同県大蔵村では浸水の深さが最大4メートルに達したとみられる。
 推定図によると、浸水が最も深いのは大蔵村の大蔵橋付近で、田んぼがあった場所とみられる。また東根市や村山市付近では、田畑が広がる平野部が南北3~4キロにわたって広範囲に浸水したと推定された。
 地理院は同日昼前までにSNSに投稿された現地の写真を基に浸水の深さなどを分析し、標高データと組み合わせて浸水範囲を推定した。 
〔写真説明〕山形県東根市、村山市付近の最上川の浸水推定図。青色が濃いほど浸水が深いと考えられる(国土地理院提供)

(ニュース提供元:時事通信社)