警察庁は29日、大規模な地震や豪雨といった災害が発生した際に、市民から被災状況を撮影した写真や動画の投稿を受け付けるサイトを8月1日以降に開設すると発表した。現場の状況をいち早く把握し、警察官による救助活動や交通規制などに役立てる。
 投稿される画像は損壊や冠水した道路、倒壊した建物、土砂崩れなどを想定し、投稿者も含めて一般の人は閲覧できない。撮影場所の説明を省くため、投稿時には携帯電話の位置情報をONにすることを求める。
 サイトは災害発生時に警察庁のホームページに開設される。投稿できるのは画像だけで、同庁は「被害の申告や救助要請は110番通報をお願いします」としている。 

(ニュース提供元:時事通信社)