気象庁は30日、鳥島近海で午前9時36分ごろ発生した地震について緊急地震速報を出したが、強い揺れは観測されなかったと発表した。
 この地震は震源の深さが約60キロ、地震の規模(マグニチュード=M)は5.8と推定され、体に感じる震度1以上の揺れは観測されなかった。津波の心配はない。
 同日記者会見した気象庁の加藤孝志地震津波監視課長は「緊急地震速報の処理で、本来の震源とは異なる房総半島南方沖に震源を決定し、M7.3と過大に推定した」と説明。「多大なご迷惑をおかけしたことをおわびする」と話した。
 加藤課長によると、島しょ部には観測点が少なく、震源位置の推定を誤る場合があるという。今回は、房総半島沖に震源があると判断した後、数百キロ離れた母島の観測点でやや大きな揺れが観測されたため、地震の規模が過大に推定された可能性があるという。
 緊急地震速報には警報と予報があり、今回発表した警報の内容では鳥島近海の地震と同時刻に房総半島南沖の深さ約50キロでM7.3の地震が発生したと誤った。
 その結果、伊豆諸島の三宅島で震度5強程度、新島と伊豆大島、千葉県南部で震度5弱から5強程度の揺れがあるなどとして、関東甲信や東海、福島、新潟両県を対象に発表した。 

(ニュース提供元:時事通信社)