気象庁は30日午前、九州北部と四国、中国が梅雨明けしたとみられると発表した。昨年に比べ、いずれも5日遅い。平年比では九州北部が11日、四国が12日、中国が9日、それぞれ遅かった。
 梅雨前線は山陰沖から近畿、東海に延びるが、九州と四国、中国は高気圧に覆われて晴れる所が多かった。今後1週間も晴れる日が多い見込み。
 豪雨があった九州北部では、梅雨期間中の6月11日から7月29日までの総雨量が平年の2倍を超える所があった。 

(ニュース提供元:時事通信社)