【シリコンバレー、ワシントン時事】米マイクロソフト(MS)は2日、中国IT企業の字節跳動(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業買収に向けて交渉を続けると発表した。トランプ米大統領は安全保障上の懸念から同アプリの禁止を視野に入れていたが、強硬策は当面回避。MSは9月15日までの合意を目指す。
 MSがティックトック買収の意向を公に表明したのは初めて。トランプ大統領とナデラ最高経営責任者(CEO)が協議し、十分な交渉期間を確保する方向性が固まった。米政権は、若者を中心に人気の高い同アプリの利用を突然禁じれば、混乱を招きかねないと判断したとみられる。
 MSとバイトダンスの交渉は、米財務省が所管する買収審査機関「対米外国投資委員会(CFIUS)」の監督の下で行われる。MSは米国のほか、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの事業取得を検討。日本は含まれていない。 

(ニュース提供元:時事通信社)