アサヒグループホールディングスは3日、工場の工程管理や稼働状況などの監視業務を自宅から遠隔で行う検討を始めると発表した。製造現場など在宅勤務が難しい職種も含め、新型コロナウイルスの感染拡大による新常態(ニューノーマル)の働き方変革への対応を模索する。 

(ニュース提供元:時事通信社)