【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の履行状況を調べる北朝鮮制裁委員会の専門家パネルは3日、制裁委に中間報告書を提出し、加盟国の情報として北朝鮮が自国の弾道ミサイルに搭載可能な核兵器の小型化を「恐らく」実現したと指摘した。ロイター通信が伝えた。
 報告書は北朝鮮が「高濃縮ウランの生産や実験用軽水炉建設の継続を含め、核計画を続けている」と分析。ある加盟国は、将来的な多弾頭システムの開発などのため北朝鮮が「さらなる小型化を進める可能性がある」と予測したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)