気象庁は4日、九州など広い範囲に被害をもたらした「令和2年7月豪雨」の期間について、同月3日から31日までの29日間と発表した。同庁が命名した豪雨では過去最長となった。
 同庁によると、日本の上空に前線が停滞したことで、7月3日から大雨が続いた。31日朝の段階で前線はなくなり、豪雨が終わったと判断した。
 同庁は顕著な災害を起こした気象現象に名称を付けている。これまで豪雨では、2014年に広島市で大規模な土砂災害が起きるなどした「平成26年8月豪雨」が28日間で最長だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)