厚生労働省は4日までに、新型コロナウイルス感染が疑われる症状が出ている人から相談を受けた際、速やかに専門外来への受診を促すなど、積極的な対応を取るよう都道府県などに通知した。保健所に取り合ってもらえなかったとの指摘が出たため、積極的な対応を改めて求めたという。
 通知では、多くの症例で発熱や呼吸器症状、頭痛などがみられるほか、初期症状として嗅覚・味覚障害を訴える患者がいると指摘。こうした症状が出た人については、年齢を問わず、速やかに専門外来「帰国者・接触者外来」の受診を促すよう求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)