【パリ時事】パリのスリス副市長は4日、フランスのメディアに対し、新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることを受け、屋外でもマスクの着用を義務付ける意向を明らかにした。ルモンド紙(電子版)によると、セーヌ川沿いや屋外の市場など、人が多く集まる場所が対象となる見通し。
 スリス氏はルモンドに対し、「残念なことだが第2波が始まっている」と指摘。「暑い時のマスクは不快だが、感染が再拡大している現状では本当に必要だ」と着用を呼び掛けた。AFP通信によれば、数日以内に義務化される見込み。 

(ニュース提供元:時事通信社)