【ソウル時事】6日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮で朝鮮労働党中央委員会政務局会議が5日、開催され、金正恩党委員長も出席した。会議では新型コロナウイルスへの感染が疑われる事例が発生したことを受けて完全封鎖された南西部・開城市人民に対する食料や生活保障金の支援などを決定し、緊急措置を関係部門に指示した。
 会議ではこのほか、党中央委員会に新たな部署を設置することについても検討・審議し、「党内の幹部活動体系を改善するための方途」を協議した。党などの組織改編の動きとみられるが、具体的な内容は明らかにしていない。 

(ニュース提供元:時事通信社)