自民党の中谷元・元防衛相らが共同代表を務める超党派の「コロナと闘う病院を支援する議員連盟」は6日の総会で、新型コロナウイルス感染者を受け入れた病院に対し、前年度実績より減収した分を国が全額補填(ほてん)するよう求める提言をまとめた。近く、政府に申し入れる。
 新型コロナ感染者を受け入れた病院は、一般患者の受診や手術の制限を余儀なくされている。提言書は「減収は年間数十億円単位と見込まれるケースもあり、経営を圧迫している」と指摘、公的資金による支援を訴えた。赤字となった診療所には、中小事業者向けの持続化給付金の「医療版」を創設して対応するよう求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)