気象庁は6日、北海道では7日に大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。台風4号から変わった低気圧が日本海にあり、再び発達しながら北海道付近へ進むため。北海道北部の宗谷地方では7日明け方から記録的な大雨になる恐れがあり、土砂災害に厳重な警戒が必要という。
 一方、東北地方では7日から9日にかけて前線が停滞するため、大雨になる所がある見込み。
 7日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道200ミリ、東北80ミリ。その後、東北の8日午後6時までの同雨量は100~200ミリ。土砂災害のほか、低地の浸水や河川の増水が発生する可能性がある。
 北海道の7日の最大瞬間風速は35メートル、波の高さは7メートルと予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)