札幌市保健所は7日、同市の繁華街ススキノの接待を伴う飲食店で、利用客らの新型コロナウイルス感染が確認された店舗名などが記載された内部資料がインターネット上に流出したと発表した。27店舗の店名と住所が記載されており、市が流出した経緯を調査している。
 市によると、資料には従業員や利用客が感染した店舗について、店名や住所、業態などが記載されていた。資料は利用客らから電話相談があった際、PCR検査の要否を判断するために作成したといい、店舗ごとに感染リスクの高さを「注意レベル」として、ハートマークの個数で3段階に分けて表示していた。
 資料は7月27日に作成。ツイッター上に公開されているのを職員が同31日に見つけた。資料は通常、電子媒体で管理しているという。 

(ニュース提供元:時事通信社)