日本列島は7日、東北地方南部から九州にかけての太平洋側を中心に晴れて気温が上がった。気象庁によると、静岡県や関東では大幅に上がり、午後1時までに静岡市で36.6度、千葉県茂原市で35.7度、埼玉県越谷市で35.5度を観測。東京都心(千代田区)では35.4度となり、今年初めて35度以上の猛暑日となった。
 正午までに30度以上の真夏日となったのは全国観測点の4割を超える387地点に上った。午後はさらに増える見込み。
 気象庁は各地に高温注意情報を発表。東京、千葉、茨城各都県には、気温と湿度などに基づく「熱中症警戒アラート」を環境省とともに試行として発表した。外出をなるべく避けるなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)