気象庁は7日、東北地方では前線が停滞するため、8日夕方から9日にかけて大雨になる所があると発表した。土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫に警戒するよう呼び掛けている。
 8日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で50ミリ。その後、9日午後6時までの同雨量は100~200ミリ。
 一方、北海道では7日午前、台風4号から変わった低気圧が日本海側から接近してオホーツク海へ進んだため、風が吹き荒れ、北部の宗谷地方で大雨となった。島根県の隠岐諸島でも、低気圧から延びる前線のため非常に激しい雨が降った。引き続き土砂災害に警戒が必要という。
 島根県隠岐の島町では7日午後1時50分までの12時間雨量が観測史上最多の280.0ミリに上った。北海道の礼文町は12時間雨量が同時刻までに154.0ミリ、稚内市では午前11時20分までに142.0ミリを観測した。 

(ニュース提供元:時事通信社)