インド南部ケララ州コーリコード近郊の空港で7日、国営航空傘下の格安航空会社(LCC)エア・インディア・エクスプレスの旅客機が着陸の際、滑走路を外れて大破した。地元メディアは、乗客乗員190人のうち、パイロット2人を含む少なくとも17人が死亡、110人以上が負傷したと報じた。事故当時、付近では激しい雨が降っていた。
 事故機は、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを出発したボーイング737型機。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、海外で足止めされているインド人を帰国させるため、政府が運航していた。
 民放NDTVによれば、事故機は空港上空を複数回旋回した上で、少なくとも1度着陸をやり直していた。同局は「事故機は滑走路を通り過ぎ、周辺の斜面を約10メートル落下し、機体が二つに折れた」というシン民間航空相の話を伝えた。 
〔写真説明〕7日、インド南部ケララ州コーリコード近郊の空港で、滑走路を外れて大破した旅客機の残骸(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)