東・西日本では8日、太平洋側を中心に晴れて気温が上がり、正午までに千葉県鴨川市で35.8度、大分県豊後大野市と宮崎市で34.9度、和歌山県新宮市と松山市で34.7度を観測した。午後は35度以上の猛暑日になる所が相次ぐと予想され、気象庁は各地に高温注意情報を発表して熱中症を防ぐよう呼び掛けた。
 神奈川、千葉両県には環境省と試行中の「熱中症警戒アラート」を発表し、外出をなるべく避け、エアコンなどを使うよう求めた。
 午後の最高気温は甲府市や名古屋市、京都市、大阪市などで35度と予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)