西村康稔経済再生担当相は8日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況が急速に悪化している沖縄県について「医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な部分がある。離島もある」と懸念を示した。「早く(感染者が)減少傾向になるよう対策を強化しなければいけない」として、玉城デニー知事と近く対応を協議する考えを明らかにした。
 新型コロナ対策の分科会が7日に公表した感染状況の指標に照らすと、沖縄は6指標のうち三つで緊急事態宣言の検討が必要なステージ4の基準値を超えている。ただ、西村氏は沖縄の現状について「今の段階で緊急事態宣言を出さなければいけない状況とは認識していない」と表明。観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーン継続に関しても「分科会の専門家の意見を聞いて適切に判断していきたい」と述べるにとどめた。 

(ニュース提供元:時事通信社)