日本海から東北地方にかけて前線が停滞し、前線上の低気圧が接近した影響で、東北と北陸は9日、大雨になる所があった。同日夕方にはピークを越えたが、気象庁は引き続き土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。
 山形県真室川町では9日午後5時40分までの24時間雨量が136.0ミリ、新潟県村上市では106.0ミリを観測した。
 一方、前線は10日に北海道に北上するほか、11日午後には台風5号から変わる温帯低気圧が日本海北部から北海道に接近する見込み。北海道の日本海側では10日から11日にかけて断続的に激しい雨が降る所があり、11日は強風も吹くとみられ、注意が必要という。
 北海道日本海側の10日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で60ミリ。その後、11日午後6時までの同雨量は100~150ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)