台風5号は10日、九州北部の西海上から対馬海峡に進み、夜には朝鮮半島東方沖の日本海を北上した。気象庁によると、11日朝までに温帯低気圧に変わり、その後は夜にかけて北海道付近を通過する見込み。
 北海道では日本海側北部を中心に大雨になる所があるとみられ、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。北海道と九州北部は強風にも注意が必要。
 10日は台風に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、高知県佐川町では10日午後1時半すぎまでの1時間に50.5ミリの非常に激しい雨が降った。長崎市では午前10時5分すぎに最大瞬間風速30.8メートルを観測した。
 11日にかけて予想される最大瞬間風速は北海道と九州北部で30メートル。九州北部の波の高さは5メートル。11日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国150ミリ、北海道120ミリ。
 5号は10日午後9時、島根県出雲市の北西約310キロの海上を時速50キロで北北東へ進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。東側520キロ以内と西側165キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 一方、台湾の南西沖では10日正午に台風6号が発生した。11日午前に中国大陸に上陸し、同日中に熱帯低気圧に変わる見込み。小笠原諸島の東海上にある熱帯低気圧は11日に台風に発達すると予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)