国内で確認された新型コロナウイルス感染者は、11日午前10時現在でクルーズ船の乗船者らを含め5万468人となり、前週の週明けより1万485人増えた。死者は40人増え、1067人となった。10日が祝日だったため、8日間での集計。
 感染者の内訳は、都道府県別の合計が4万8912人。横浜市で停泊中に集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員が712人、長崎市で停泊中に集団感染が起きた「コスタ・アトランチカ」の乗員が149人、政府チャーター機での帰国者らが15人など。
 国内感染者の都道府県別では、東京が最多で1万6064人(2609人増)。次いで大阪5892人(1446人増)、愛知3243人(1097人増)などとなっている。 

(ニュース提供元:時事通信社)