西村康稔経済再生担当相は11日の記者会見で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)について、最近は接待を伴う飲食店で生じる割合が減り、寮生活、会食、カラオケ、職場での発生が増えているとの分析を明らかにした。その上で、マスク着用や「3密」回避など「新たな日常」の定着に努めるよう改めて呼び掛けた。
 西村氏は最近のクラスターの例として、(1)島根県の高校サッカー部関係者90人超(2)仙台市の飲み会で大学生18人(3)石川県のカラオケ大会で26人(4)甲府市の消防署の職場で5人―などを列挙。ほとんどは対策の不徹底が原因だと指摘した。 

(ニュース提供元:時事通信社)