日本列島は14日、東・西日本を中心に高気圧に覆われて晴れ、35度以上の猛暑日となる所が多かった。気象庁によると、高知県四万十市・中村で39.8度となり、この地点の観測史上最高を更新。同市内の江川崎観測点では大分県豊後大野市とともに38.4度を観測した。浜松市天竜区・天竜は39.0度、奈良県上北山村では38.3度を観測した。
 気象庁は15日についても東北と東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄に高温注意情報を発表。栃木県を除く関東甲信には環境省と試行中の熱中症警戒アラートを出した。
 14日の主要都市の最高気温は、東京都心(千代田区)34.2度、名古屋37.4度、大阪35.9度、福岡37.1度だった。
 午後5時までに猛暑日となったのは全国921観測地点中の202地点、30度以上の真夏日は612地点(猛暑日地点を含む)に上った。 

(ニュース提供元:時事通信社)